2014年10月23日

弁天島  26 {戦友?}


「ん?」

「マジかっ!車が通ってくぞ!」

「・・・もう夜明けだもんな・・・」

「当然だろ・・・」

「でももうすぐじゃね?」
「だといいがな・・・」

車を見て心が折れたのかまた足がつりだした
今度は黙って静かにその場に座り込んだ

みんな気付かず歩いて行く

彼等の後ろ姿を黙って見送る
30m程歩いた所で1人が気付く

「あっ!大丈夫?」
「いかんっ!」

彼が一言そう叫び猛ダッシュで駆け寄ってくる!

彼とはそう!テカ男だっ!

「大丈夫かっ!早く俺の肩につかまれっ!」

やっぱり目が笑ってない

「俺のことはいい!俺はここまでだ・・・」
「ふざけんなぁー!一緒に行くぞっ!」
(・・・めんどくさい・・・)

「俺に構わず先に行ってくれ!」
「いかんっ!こんな所に1人置いてけるかっ!」

今度は無理してテカ男の肩に手を回し
足を引きずりながらテカ男の肩をかり

みんなの所まで歩く

「はははははは!」

「・・・笑いごとじゃねぇーって!(笑)」

「そう言った意味じゃ俺が助けた!」

どう言った意味かはわからないが

なぜか1人満足げのテカ男

「タクシー通るかな?・・・」
「見つけたら即ゲットだな!」

タクシーが通ることを願いつつ

また・・・歩きだす





posted by さすらいのQ at 12:00| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海 弁天島編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック